xampp 環境での Services_Twitter の注意点

Posted on 2011年 1月 13日

xampp をデフォルトのままでインストールした場合に、pearの設定のdata_dirが .\pear\data になっている。この状態で Services_Twitter をインストールすると data_dir のファイルパスの問題で xml が読み込まれなく、エラーを返してしまう。

xampp をインストールしたら、

pear config-set data_dir c:\xampp\php\PEAR\data

という具合に設定する必要がある。

もしこの設定をする前にServices_Twitterをインストールした場合は、一度、Services_Twitter をアンインストールしてから、再度インストールし直せば、data_dirが正しく設定された状態になる。

Posted in 開発